午後6時ごろ、いつも以上に帰るのが楽しみだった日があります。

妻から夜のお誘いを受けていたので、さっさと帰って2週間も溜め込んだ性欲を発散してやろうと思っていたんです。

ところが、家に帰ると妻は一人で楽しんでいました。何だか急に萎えてしまい、夕食も食べずに家を飛び出したんです。

行き先を決めないでブラブラしていると、夜のネオン街に到着していました。一杯楽しもうかと思った矢先、奇抜な外観の建物を発見します。どう見てもラブホですが、そのときの私には相手がいません。しかしながら、風俗という手があると考え始めてからは性欲が復活したのです。

スマホですぐに派遣しもらえるデリヘルを検索して、目の前のホテルまで来てもらうように頼みました。

20分ほど待っていると、いかにもな感じの女性が現れました。

デリヘルを利用した経緯を話してみると、かなり同情してもらえて今日は大サービスするなどと言ってもらえたんです。

その言葉通りに、即尺からシックスナインなど妻なら絶対に拒否するであろうプレイで悦ぶことができました。

手コキが少し強すぎたような気がしましたが、良い感じの刺激になっていつもよりも飛距離が出たと思います。

その日は他にもソープとピンサロへ行き、精液が空っぽになるまで楽しみました。